求人募集の記載と条件が異なる理由

工場系の求人で比較的多いトラブルの一つが募集と条件の相違です。求人募集に記載されている情報が自分に当てはまっていると感じて応募をしたものの、面接で異なる条件を提示されるケースは珍しくありません。商品の販売ではおとり広告として違法性を問われる可能性がありますが、求人に関しては法律違反にならない場合があります。ハローワークを始めとした求人サイトに掲載する情報は求職者を集めるための誘引で、法律的にはあくまで見込みに過ぎないと解釈されるからです。求職者が記載されている情報を見て応募をしてもその時点で雇用契約が成立することはありません。不満があれば辞退する権利を与えられているので違法に問われる可能性は低いと考えられています。

条件が異なっていた場合の対処法

求人募集に記載されている情報と面接で提示された労働条件が異なっていた場合の対処法の一つが説明の要求です。募集と契約内容が違う場合には応募者は企業から理由を聞く権利があります。給料を始めとした契約条件が悪いのは試用期間が理由で、期間を過ぎれば募集内容通りのお金が支払われるというケースも少なくありません。企業側からの説明を聞いた上で適切な判断を下すことが大切です。面接時に伝えられず採用後に働き始めてから条件の違いに気が付いた人は退職という選択が有効になります。通常退職は数ヵ月前など会社の就業規則に従わなければ受理されません。しかし、会社側に非がある場合は規則に関係なく受理してもらえます。規約を守らず働かせる会社にいると過剰な残業や休日出勤を強いられることもあるので、早期退職をするのが無難です。

日総工産の募集は働きやすい工場案件が多いのが特徴です。勤務時間や勤務場所にこだわりがある人に適しています。